インターンシップで就職活動は有利に働くの?

インターンシップが与える採用時の影響度は、端的にまとめると、参加することだけで就職活動に有利に働くと考えられます。

しかしながら、その得られる効果はシビアでいてピンキリです。時にはマイナスに働くこともあります。伸びしろ(ポテンシャル)が見えてしまうためです。
また、採用に与える影響値を0から100で例えるとするならば、残念ながら「0」に限りなく等しい場合と、「100」に近づける場合があるといっていいでしょう。

では?その違いとはいったい何でしょうか。
それは、本質的な観点からインターンシップに参加することが目的ではなく、インターンシップで何を得られたか?が重要なポイントであると考えられます。

とはいえ、以前は、インターンシップという仕組み自体の認知度が今ほど高くなかったため、他者がやっていないことで就職活動時には、大きな影響を与えるほどの効果を得られることができました。それだけで企業側は、意識の高い、能力の高い人材と少なからず印象に持っていたためです。しかし今では、特に人気のある会社に面接する人材の多くが、インターンシップについて深く知り、実際に参加している人材が多い現状です。

以前ほど、他者との差別化要因にはならなくなったということです。
とはいえ、意識の高い行動によってインターンシップを経験していることには変わりはありません。では、どのような点を就職活動時の採用、面接担当者は見ているのか?

企業側もインターンシップについての意識が変わり、参加しただけで凄い!ではなく、
なぜインターンシップに参加したのか?
どのようなことをインターンシップで学んだのか?
どのようなことをインターンシップで得られたのか?
インターンシップを通じてどのような成果を出すことができたのか?
そして今後にどのように活かしていこうと考えているのか?

みんながやっているからやった!と見透かされたら価値は0に近いものになるでしょう。
その根源の部分、面接前にはしっかりと考えるべきです。
本当はあなた自身も心理の深いところで、何かを求めて参加したはずです。
その言語化は必ず形にしておきましょう。
面接時にあたふたした瞬間に、その回答は想いは伝えることは困難と言っていいでしょう、これからインターンシップをやってみよう!と考えている人は、インターンシップをなぜ今やるのか?実際やり始めても問いかけ続けてみてください。それがあなた自身の偽りのない答えになります。その答えをどのように印象づけてプラスに働かせるか、実際と異なっていても論理が通るように筋道を立てたストーリーを構築してください。

つまり、インターンシップに参加経験を活かすことで、あなた自身の将来の業種や職業を考えるヒントにつながったり、社会経験を通じて理解した自己の短所、長所、改善点。また、長所は特に自己アピールのポイントがたくさん見えてくるはずです。
場合によっては、何となく参加しただけでは、逆にインターンシップについて話さない方が得策です。

注目サイト特集PICKUP

鍵紛失や故障など鍵トラブルなら「生活トラブル本舗」がおすすめ!生活トラブル本舗のおすすめ鍵屋で解決!日本全国1万社以上の鍵屋が掲載されている業界初の情報サイト。公式サイト:生活トラブル本舗

整体師の転職事情にも実際の職場環境や面接対策などもしっかりとケアしてくれる「株式会社ウィルワン」が大変お薦めです。
まだ一度も転職活動していない方は特に柔道整復師の求人専門のウィルワンへ。